創作料理の境目はどこなのか

01 2月

レストランや料理屋さんで「シェフのオリジナル料理」とか「創作料理」というものがあります。
大抵は基本のレシピがあったりして、それをびっくりするような素材を組み合わせたりして上手にアレンジした感じです。

さすがにお料理のプロが考えるだけあって、「こういう使い方ができるのか」と感心することばかりです。

我が家のシェフは私ということになるのですが、同じように「オリジナル料理」を作っても、「理科の実験」みたいになってしまいます。
もちろん食べられないということはないのですが、洒落た感じの料理にはなりません。

レシピサイトに投稿なんてとんでもないことです。

一応私のオリジナルアレンジだって、大きく考えれば創作料理になるはずだと思うのですが、オリジナルの失敗作にしか思えないときがあります。

境目はどこなんでしょうね。